2016年も1ヵ月終わりましたね。

1月に読んだ本から得た“気づき”をもとに行動を変えてみて、「これは!」と思ったものをご紹介します。

72時間のメソッド

1月2日に読んだ、久瑠あさ美さんの『未来を動かす時間術』を読んで、「72時間のメソッド」をやってみよう と、翌日から実行しています。

久瑠あさ美 著/未来を動かす時間術【書感】 マインドを変えれば未来が動かせるようになる | 風の森遊

これね。すごく効果を感じています。

「72時間のメソッド」とは、時間を考える時にやりがちな「1日(24時間)」のフレームを「72時間(3日)」に変えて、「時間がある」という感覚を意図的に作ってしまおうというもの。

久瑠さんは、

「24時間のフレーム」を外し、「72時間のフレーム」で捉えると、人は1日の終わりに生じる、“やり残し感”から解放されます。

とその効果を語っていますが、これ、めちゃめちゃ実感してます。

毎朝「3日後にはどんな自分でいたいか」を自分に問いかけてから、その日のやりたいことをピックアップし1日をスタートさせますが、1日が終わって「今日はできなかった」「手をつけられなかった」という結果であったとしても“やり残し感”が湧いてこないんですよ。

この“やり残し感”を放っておくと、だんだん諦めの境地に至り、やがて「やっぱり私にはできないんだ」と“できない自分”を作っていってしまいます。

その元=“やり残し感”がない!

これはスゴイことだと思います。

さらに、できなかったことを先送りする時も罪悪感がない。全くない。

明日やればいいじゃん♪ なんて思いながら、今日を終われるんです。(この “♪” 大事(笑))

さらに、その翌日できないこともありました。

でも、翌々日=3日目には着手できていることが多いんですよ。

これが不思議でねぇ。

久瑠さんが言う「72時間ならできる」が本当にできているんですよ。

この「72時間ならできる」が成功体験になり、3日後には3日前より進歩した自分がいると信じられるようになりました。

「72時間のメソッド」をやる前の自分と、今の自分を比較すると、“3日後の自分”に差が出ているのを実感しています。

1月はほかにも本の学びから行動を起こしていますが、この「72時間のメソッド」の効果には驚きました。

来月はどんな本から、どんな変化が起きるか楽しみです。

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

心理カウンセラー/
ネイチャー・セラピスト/
地球旅人/Outdoor Activist/
日本自然保護協会 自然観察指導員/
日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダー/
Read For Action リーディング・ファシリテーター

自分を見つめ向き合っていく心理カウンセリング・セラピーを、自然の中で行っている。
いのちを輝かせて生きる”自分”の道を探るサポートする、魂のガイドも担う。

日本を、自然を、こよなく愛し、旅し続ける地球旅人(たびんちゅ)でもある。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

カウンセリングメニューのご案内

今の自分に異和感を感じる。
何かが違う。
このままではいけない気がする。

自分の中から湧き上がってくる「異和感(異なる感覚)」は、「いのち」からのサインです。
そのサインは何を知らせてくれているのでしょう。

自分を見つめ、向き合い、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。