とっても心待ちにしていたこの番組。
しっかり録画&見ましたとも!
んでもって、もう何回繰り返し再生したことか!(笑)
見れば見るほどおもろい番組です。はい。(爆)
以前の記事でも触れたんですが、Charさんとコーちゃんがいったいどういうトークを展開するのか興味津々{%ウサギお願いhdeco%}
今までのお2人といえば、コーちゃんはいぢられっぱなし(笑)にみえてたんですが、今回は{%!?webry%}
ギターを抱えながらではありますが、トーク番組でもあるし、どんなトークが飛び出すか、数日前からわくわくそわそわ、まるで遠足前の小学生の気分。(激爆)
はじまってみれば、あっという間の90分。
もちろんセッションもありーの、お約束の「With You」「Rushin’」もありーの、トークの内容も充実してました。
番組のラストにCharさんが
『コイツと話してるとオチがないんだよ!』
『オレもう帰るわ』

と言ってエンディングだったんですが、もう話はつきない!という感じで、ボケとツッコミ満載でかなり楽しませてもらいました{%音符webry%}
番組中、
Charさん 『今度2人でツアーやろうか』
コータロー 『いいですねー』
という会話があったんですが、これ”生”でお客さん入ってやってたら90分じゃ終わってないですね。絶対。(笑)
(それはそれでBAHOとは違うモノができると思うんで、ぜひ実現してほしいですが。)
BAHOといえば、そもそも2人の出会いはBAHOの前座をコーちゃんがつとめたことにあるようで、その時のことをCharさんが
『音楽性の深さや高さを感心してみていた。』
『純粋に音楽を楽しめた。ギタリストとして興味をもった。』
と語っていて、Charさんにとってもコーちゃんは気になる存在だったんだなぁ~と
一方で、コーちゃんが
『終わった後「よかった」と声をかけられて嬉しかったですよ~。ずっと見ててくれはったんですね』
と言うと
『見てた。妙に上手かったらツブしにかかろうと思って(笑)』
『まだスキがあったからつぶさなかったけどね』
『ツブすつもりやったんですか?!(苦笑)』
なんていう会話もあったりして。(爆)
番組とおして、BAHOへの憧れ、影響、刺激っていうのは今のコーちゃんの「めざすもの」に繋がっているんだなーと感じました。
『それこそインストもカッコイイ、歌もえーわっていうBAHOっていうのがいてて(笑)』
『そのBAHOなんか余裕でやってるわけですよ。石やんと冗談交えながらすっげーハイクオリティな音楽やってるなーって』
『僕も1人でやってるけどそれくらいのところまでいけたらなーと』
『真剣にアホなことやってるBAHOがカッコイイ』
『チャップリンがすごく好きなんですよ。』
『緩急があって、すごく笑えるんだけど、何だかほろりとくる』
『笑いと涙。それがめざすスタイルですね』
って、今のコーちゃんのライブそのものですね。
『お客さんを置いてきぼりにしない音楽、音楽の知識やギターの弦の本数を知らない人でも楽しめる音楽をやりたいなーと思ったんです。』
だからあなたは凄いんです。
ギターを弾く方はもちろんのこと、たいしてギターのことを知らない私のような人間を感動させちゃうんですから。
追った夢を実現できるそのパワーが凄いんですよ。
改めてコーちゃんの信念というか、めざすものが語られてて、いいトークがいっぱい聞けました。
やっぱえ~わ。{%ハート(ポヨンチカチカ)hdeco%}
最後に、お気に入りのトークをふたつ。

Char 『今、レコーディング中? ツアー中?  作曲中??』
コータロー 『作曲中』
Char 『何作ったか聞かせてよ』
コータロー 『・・・え?!(汗) ・・・それは・・・』
Char  『しょうがないから1曲聞いてやるよ(笑)』
と作曲中の曲をご披露♪
それはそのままセッションになり・・・
Char 『まぁまぁだね(笑)』

変則チューニングについてどうやってる?という話から、Charさんが捨てられていたガットギターを拾ってきて、そのギターを弾いているうちに6弦のペグが動かなくなりCまで音が下がっちゃって、そのまま弾いてるうちにすごくいいチューニングを見つけたという話でそのチューニングでセッション2曲目。
弾き終わって
Char 『マネすんなよ』(爆)
コータロー 『いや。もう覚えた。』(笑)
ちなみにCharさんは今でもそのガットギターを所有しているそうです。
とまあ、番組が放送されてかれこれ10日もたっちゃいましたが、ほんとコータロー満載の90分でした。
セッションも最高よかったし。
また永久保存番組が増えました{%吹き出し♪hdeco%}
見逃した方には再放送も決まっています。
2009年6月7日(日)24:00-25:30
フジテレビNEXT「Char meets 押尾コータロー」

まだ間に合う方はぜひ見てくださいね~(^^)/
VHSテープでよければダビングも可能だけどね・・・(^
-)-☆

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。