コミュニティをまた作ろうかと考えています。

昨年の春まで2カ月に1回のペースで、読書会という形で定期的に集まる会を主催していました。

その時は「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」を題材に、本を深読みしながら、心のこと一緒に話し合う会でした。

話の内容は深いところまでいけていたと思うし、話を聴くのも楽しんで開催できていたんですが、次第に“アドラー心理学”という枠の中で話すことに窮屈さを感じてしまい、連続開催の途中でしたが、中断させてもらいました。

当時、定期参加していただいた方には、わがままを聞いていただいたことに感謝しかありません。

LPLを2年間学んで、自分の“心の世界”に関する理解も広く、そして深くもなり、カウンセラー・セラピストとしてやっていく覚悟もできました。

そうなるとね、人が集まって、いろんなことを話せる場をまた作りたいなぁと思うようになってきました。

何カ月かに一度ぐらいのペースで、日常の問題点を話題にして、話し合ったり、時にはグループ・セッションをしてみたり、そんな集まり、コミュニティを作りたいなぁ。

できれば、それをアウトドアでやりたいなぁ。

そんなことをおぼろげに考えております。

って、ボーッとしてるとLPLが始まっちゃってそれどころじゃなくなりそうでもあるんだけどね(汗

どなたか、ご意見や、一緒にやりたーいっていう人がいると嬉しいかも。

一人で主催して切り盛りするよりも、複数でやりたい感じですね。

via PressSync

この記事を書いた人

みうら 雪絵

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。