昔っから名前だけは知っていたフェスティバルホールですが、今夏にあったコーちゃんのライブでこのホールの素晴らしさを今さらながら体感し、先日太郎ちゃんが押し弾きにゲストに来た時に語っていたこのホールへの熱い思いを聞いていて、「やっぱりもう1回あのホールで音楽を聴きたい!」という思いを強くしておりました。
チケットもまだ入手可能ということだったので、今月4日・5日とあった太郎ちゃんのライブに行くことを密かに目論んでおりました。実は(笑)
結局、ダンナ様の急な出張が入り、ライブには行けませんでしたが、太郎ちゃんのツアー特設ブログにフェス・ラストライブの日に語られた熱い熱い思いがUPされました。

やっぱり行っとくべきだったか…
そして、15日から今日まで3日間、「ありがとう!フェスティバルホール」と銘打って様々なアーティストが集ってお別れコンサートが行われており、その模様が竹善さんのブログにもUPされました。

こんなにも多くのアーティストに愛されたホール。
素晴らしく生まれ変わって欲しいと思うと共に、ただの1回でしたがこのホールを体感できて本当によかったと改めて思いました。
そのただの1回がコーちゃんのライブでよかった!
万感の思いの「黄昏」は一生の宝です。。。
ところで、太郎ちゃんのツアー特設ブログ、とってもおもしろいんです。
ツアーをバックで支えるスタッフさん達のことや、ホールに行くだけのお客さんが知りえない話とか満載で。
よかったら一度読んでみてください。
結構、ためになりますよ(^_-)-☆
葉加瀬太郎 ツアー期間特設ブログ

この記事を書いた人

みうら 雪絵

Nature Therapist / Healing Practitioner / Outdoor Activist / World Traveler / Nature Photographer

人間は地球に生きる多様な生物の一種であり、自然界(生態系)における”いのちの循環”の一部です。自然界との繋がりから離れて生きてゆくことはできない存在です。
自然界と繋がって生きることは、生きる力・生命の力の根源と繋がることだと思っています。

自然界(生態系)の一員としてこの地球に生きている意味を考え、自然の理を感じながら生きるとはどういうことなのか。
今までに学んだ様々なヒーリング・セラピー・カウンセリングスキルを駆使しながら、体(ボディ)・心(マインド)・魂(ソウル)・霊(スピリット)の関係性を探求しています。

このブログには、わたしのライフスタイルを通して、わたし自身が”自然に生きて”いけるようになってゆくプロセスを綴っています。
体験したことを感じたままを表現している「人生という名の創造物」の記録でもあります。

白馬三山を映す八方池

ネイチャーセラピー

五感を使って自然と一体となるだけで、人は日ごろのストレスから解放されます。

Outdoor Activist歴30年以上の経験で培ったフィールド知識を活かして、安心して楽しく自然と触れ合うサポートをしています。

日本シェアリングネイチャー協会 公認ネイチャーゲームリーダーとして、ネイチャーゲームを取り入れた自然体験もご提供可能です。