自分の「強み」を知りたくてストレングスファインダーをやってみた

ストレングスファインダー

自分の「弱み」ならすぐに書けるけど「強み」ってなかなか書けない

自分の強み弱みを書き出すワークを、とあるセミナーでやった時にそう感じました。
「できていないこと」「弱み」は比較的簡単に書き出すことができます。でもこの部分を改善する、良くしてゆくことって努力が必要ですし、苦しいんじゃないかと思うんです。だってそんなに容易にできないから「できていないこと」「弱み」なんじゃないかと。
限りある時間の中で「やらなければならないこと」「やりたいこと」をやっていくとき、「弱み」を克服してゆくより「できること」「得意なこと」「強み」を活かしていった方がラクそうですし、楽しそうじゃないですか。そう思って、自分の「強み」を客観的に知る方法はないか? とストレングスファインダーをやってみました。

ストレングスファインダーとは、自分の強みのうち「才能」を見つけるツール

才能とは何か?
才能とは、無意識に繰り返される思考、感情、行動のパターンであり、何かを生み出す力だ。
たとえば、頑固さ、神経質といった欠点さえ、それが力を生み出すなら「才能」となる。
才能はだれにでも必ずある。
(『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』カバー見返しより)

ストレングスファインダーではこの「才能」と「知識」と「技術」が組み合わさって「強み」が生まれるとしています。
「知識」や「技術」は後からいくらでも足せますが、「才能」は生まれ持ったもの。その「才能」を知ることは自分の「強み」を活かしていくのに欠かせないと思うのです。

自分の「強み」にほぼ納得

ストレングスファインダーの34ある資質のうち、「強み」として上位5つの資質がわかります。
私の2015年10月現在の5つの資質は、

  • ポジティブ
  • 活発性
  • 運命思考
  • 最上志向
  • 戦略性

上位2つは自分で見ても、他人から見てもすぐわかりますね。

でも、「活発性」については最近自覚してんですよ。「あ、これって私だけなんだ」って(笑)
「運命思考」と「最上志向」も解説を読んで、なるほどと納得いきました。
でも「戦略性」だけは???な感じなのです。

意外だったのは「戦略性」自分にそんなところがあるの? 欠点だと思っていた

戦略性
戦略性という資質によって、あなたはいろいろなものが乱雑にある中から、最終の目的に合った最善の道筋を発見することができます。これは学習できるスキルではありません。(中略) あなたはあらゆる選択肢のシナリオの最後まで想像し、常に「こうなったらどうなる?では、こうなったらどうなる?」と自問します。このような繰り返しによって、先を読むことができるのです。そして、あなたは起こる可能性のある障害の危険性を正確に予測することができます。それぞれの道筋の先にある状況が解かることで、あなたは道筋を選び始めます。行き止まりの道をあなたは切り捨てます。まともに抵抗を受ける道を排除します。混乱に巻き込まれる道を捨て去ります。そして、選ばれた道――すなわちあなたの戦略――にたどり着くまで、あなたは選択と切り捨てを繰り返します。そしてこの戦略を武器として先へ進みます。これが、あなたの戦略性という資質の役割です。問いかけ、選抜し、行動するのです。
(『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』P151より)

最初解説を読んだ時はそんな一面、私にあるのか疑問でした。でも、『こうなったらどうなる?では、こうなったらどうなる?』この質問、無意識でやってることに気づいたんです。
だから、何事にも慎重で、いまひとつ飛び込めないのはここなのか、と思いました。実はこれ、「弱み」だと思っていたんです。でも、ストレングスファインダーをやってみて「弱み」ではなく「強み」で、しかも『これは学習できるスキルではありません』て…。

なんだかスゴイことのように思えてきました。(「ポジティブ」な私(笑))

しかもこれが「最上志向」と組み合わさるとどうなる? 自分で考えててワクワクしてきました!
それが「運命思考」となると… 妄想ワールド炸裂ですね。
どんだけ能天気なの私!とも思いますけど、これが客観的に見た「強み」なら活かさない手はないわけです。

これからめざしていくネイチャーガイドにこの「戦略性」ってとても大切なんじゃないかと思うんです。この先にあるかもしれない危険性を予め考えることができるのですから。確かに危険に関する感度って他人より高いとは感じます。この能力「野生のカン」だと思っていたんですが「才能」なんですね。危険に対する対策だけは万全にしておきたいと強く思いますが、これも「戦略性』故なんでしょか。気象予報士の勉強もしたいし、そこまで人を案内するつもりがなくてもロープワークや岩の技術、雪山の知識もプロに学ぼうと考えています。

5つの「強み」をどう活かしていくか、アタマの片隅に置いて常に意識していくと、これからが変わりそうですね。

ストレングスファインダーをやるには?

いくつか方法がありますが、一番簡単そうな本を買ってアクセスコードを入手する方法を選びました。

他には、直接Gallup社からアクセスコードを購入する方法もあります。

Clifton StrengthsFinderアクセスコード

アクセスコードを入手したら、指定のURLへアクセスして、あとは指示に従うだけです。簡単にやれるので、自分の「強み」を知りたい方はお試しあれ。

心理セラピー
カウンセリング

アウトドア・セッションをメインスタイルに、自分を見つめ、ターニングポイントから一歩を踏み出すサポートをしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です